自分の原点 イタリア

保護者のみなさん、こんばんは。

コロナウイルスの影響で、不要不急の外出を控えるため、極力自宅で過ごしています。ただ、家にいるだけでなく、今自分に何ができるのかを考え行動するようにしています。

まず私が今日行ったことがこれです。



午前9時と午後18時より、会議アプリを使用して選手たちと体幹トレーニングを行いました。本当に便利な世界になりました。こうやってはなれていても、一緒にトレーニングが行えるような感覚を味わえるんですから。明日以降も継続して、選手のコンディションを整えていこうと思います。

お昼には書籍の整理に取りかかりました。長いことできていなかったので、トライしてみました。が、いきなり一冊の雑誌を読み始めてしまいました。

世界サッカー情報誌⚽️footbolista⚽️です。

みなさん、ご存知ですか?世界サッカー情報通にはたまらない雑誌なのですが、実は私、以前に執筆していたんです。




2004年シーズンを最後に、現役生活に別れを告げた私は、2005年5月に指導者の勉強のため、イタリア🇮🇹に渡りました。

どうしてイタリア?

その理由を執筆した原稿ありました。

是非一度読んでみてください。





2005年から約3年間お世話になったヴェローナ。たくさんの思い出が詰まり、お世話になった大勢の友人が住んでいる街です。

イタリア人はとてもお話好きです。朝から晩までずっと喋っています。また、典型的イタリア人、つまり適当な性格の人も確かにいますが、仲良くなると本当に親切に尽くしてくれる人も多いんです。

その代表的な方が、このおじさん。私のイタリアの父のような存在でトンマーゾさん。夫妻で私を息子のように接してくれました。異国でもがき苦しんでいる時、必ずトミー(トンマーゾ)が近くにいてくれました。

そんな彼と先日電話で話した時に、今のイタリアの酷い現状を伺いました。毎日コロナウイルスの影響で何百人もの方が亡くなっていること。街中から誰一人いなくなったこと。スーパー以外外出できないこと。幸い、トミー夫妻も知人も苦しい生活を強いられいますが、いつもと変わらず元気だったことだけが、救いでした。


今私達がやるべきことは、一人一人が自覚、責任ある行動を我慢強く行っていくことだと思います。手洗いうがいの徹底、外出時のマスク着用、三密を避ける行動など。この地球が、一日も早く平穏な日々を取り戻してくれることを、切実に願います。


スクールマスター

村田達哉

194回の閲覧

ブリオベッカフットボール​アカデミー

BRIOBECCA FOOTBALL ACADEMY

千葉県浦安市明海6-1-10

​パークシティグランデ新浦安トレードポート1B

© BRIOBECCA FOOTBALL ACADEMY 2020